《心当たりあり!?》増える高齢者クレーマー・・・・

高齢者クレーマー 高齢者クレーマー
日曜午後の昼下がり。子連れの家族客で賑わう駅前ビルのファミリーレストランで、老人客ら数人が店員に詰め寄っていた。

  • 「うるさい子供をなんとかしなさい」
  • 「近頃の親の教育はどうなっているんだ」
  • 「不快な思いをさせておいて料金まで支払うのか」

近くの席で知人と食事中だった筆者は、その一部始終を目撃していた。
何かの会合帰りであろうと思われる老人客8名の集団。デキャンタワイン数本をテーブルに並べ、軽食をツマミに、すでに2時間以上おしゃべりに花を咲かせているらしかった。
話し声は異常なほどに大きく、時折手を叩いたり、テーブルをバンと叩くなど、よほど何か嬉しいことがあったのか、周囲の迷惑を気にせず、安居酒屋ではしゃぐ学生のような老人たち。

高齢者のクレーマーが増えているという。

 

今回は子供の話ではなく、
高齢者クレーマーについて書きたいと思う。

私が子供のころの高齢者なのでおじいちゃん・おばあちゃんの存在を考えてみた。

今、思えば、それほど起伏が激しいわけでなく、のんびりしているのが高齢者のイメージである。

怖いおじいちゃん、ある意味、存在感のあるおじいちゃんもいた。
 

労がいという言葉がある以上、昔からそのようなことはあったのだと思うが、クレーマーというイメージはなかった。

しかし、高齢化社会になり、昔の60歳と今の60歳は違ってきたのは間違いない。
60代でもバリバリ仕事をこなしていたり、70代でもアクティブで全体的に若いご老人がめだつ。

となれば、
やることがなく暇をしている老人は、
言いたいこともあれば、お行儀がやろしくなくなるのも分かる。
 

要するに、まだまだ若いから言いたいことは言わせろ!
という形が悪い方向にいっているのではないか?
っと思う。

 

老人に限らず、女性であれば、それなりの年になれば更年期障害に悩まされる。

うちの妻も、最近は愚痴が多くなったし、八つ当たりというか、第三者からみても理不尽な行動が増えてきた。

夫婦なので、それに対して強くは反発はしないが、これも夫婦における1つのイベントなのだと思う。
 

高齢者のクレーマーにしても、更年期障害にしても、本人は気づいていないことが多い。
当たり前のことをやったり、言っただけという認識だけに、
高齢者のクレーマーですが、これは減ることはないと思う。

ただ、これが続き、高齢者の自動車運転事故など、ネガティブな情報が加算されていくことで、高齢者の威厳がなくなっていくのは見えているだろう。

 

クレーマー関連で最近、話題になっているのが
風○○代さん。

三重県内の山で遭難し、警察に救助されたという30代の女性ブロガーが、 自分を救助した警官の対応を批判するブログ記事を投稿したことが、インターネット上で物議を醸している。

ブログによれば、女性は一人で標高約1200メートルの山に登った。
地図は持ち歩いていなかったほか、登山届も「下山のルートを決めていなかったので書きませんでした」としている。

ブログによれば、女性は警官から「単独で登山するとこうゆうことになるんだ」(原文ママ)などと説教を受けた後、詳しい事情を聞くために近くの警察署に移動することを求められたという。

こうした対応について、女性は「(警官が)なんだかすごく感じ悪かった」「何様なの?」との不満を漏らした上で、予約していた旅館の夕食の都合などもあって、女性が取り調べを手短にしてほしいと依頼したところ、警官から「警察はサービス業じゃないんだ」などと反論されたと報告。
この対応に怒りを覚えたという女性は、「さすがに腹が立って色々言い返しましたよ。
私だって悪気があって遭難したわけじゃないし、気軽な気持ちで救助を要請したわけではないんです。
軽く、喧嘩してしまいました」 としている。

また、警官の態度についても、「山で遭難した人に対する対応って、もっと優しくなりませんか?
普通(略)あんな態度がとれるのって、人としておかしいと思うんです」と問題視していた。

というもの。
ネットでは

  • こんな嫁がおったら家に帰りたくなくなるわ
  • 女って自分がバカだっていう自覚がないから困る
  • こいつの子供は預かったらヤバいな
  • 「批判覚悟」とか書いてるくせに逃亡してて草
  • こいつの子供になりたくない

など飛び交っています。

この方(風越)に関して
しっかり、謝るところ儲けて謝らないと。

日ごろからクレームをいくつかツィートしていたみたいだけど、
吐き出せるところがツィートだったりするし・・・。

今回に関しても、感情的に書いちゃったんだと思うし・・・。

本人はいいかもしれないけど、子供もいるようだし・・。
神対応ってのは難しいけど、しっかり対応することが一番。

非難や批判は受けるかもしれないけど、しっかり受けちゃえば、それで終わるし・・。

逃げれば逃げるほど深く掘られるからね。