ハイハイレースで1位を取る方法:0歳児から知育・運動

スポンサーリンク
おすすめ教材,子育て教材

最近、聞いた話を少し紹介します。

ハイハイレース・ハイハイ競争で1位を取る情報方法
というもの。

親御さんによっては、わが子がなかなかハイハイをしなくて心配している、悩んでいるという人も少なくないかと思います。

 
私の娘は10歳なので、ハイハイはとうの昔のことですが0歳児を懐かしく思います。

あの頃は、

  • 寝返りを打った
  • ハイハイをした
  • つかまり立ちをした
  • 歩いた

など子供の成長を日々感じることができ、親は何もしなくても子供は育っていくんだなぁ~というのを実感したのを覚えています。

 

スポンサーリンク



ハイハイレースで1位を取る方法ってあるの?

で、
今回のハイハイ競争で一位を取る方法
本当に、こんな方法があるのでしょうか?

ハイハイで1位を取るポイントは、

  • 元気で
  • 丈夫で
  • 賢い

子供(0歳児)にするためには、どうしたらいいのか何をすればいいのか?

結論はここにあるようです。
 
ハイハイしない子

 

0歳児に親ができること・子育て方法

成長は子供によって違いますが、そのサポートをどうするのか?どう引き出すのか?

それは、親によってできるということとのことです。

      足腰や体の動かし方(元気な赤ちゃん)
      親との信頼関係(メンタル的に安定した赤ちゃん)

この辺をしっかりと作っておくことが、結果的に、ハイハイで1位になり、賢い子供つくりの基本になるようです。

 
私が、それを知ったのは0歳赤ちゃんの発達遊び100というものを見たので、よくある幼児教育マニュアルなのですが結構納得しました。

私のように、
子育ては親のがんばりでどうにかなる、ただ幼児教室入れればなんとかなるとは思っていないへそ曲がりの親御さんには、一読してもらいたいものです。

 

《0歳赤ちゃんの発達遊び100》は、その名の通り、100個の遊びを紹介しているのですが、
作ったのが幼児教材・幼児教育アドバイザー 藤崎友香莉さんという人。
元幼児教室の講師で、幼児教材や教材の活用方法、幼児教育についてのアドバイスや悩めるママやパパの個人相談・カウンセリングをしている人です。

 

育児の悩み

私自身、昔を思い出すと
赤ちゃんが産まれ嬉しさの反面、毎日大変そうな妻を見て、それなりに手伝いはしますが、初めての育児ということで少なからずストレスもあったかと思います。

そんな子育てが大変な中で、どう幼児教育をしていくのかそう簡単に考えるられることでないでしょうし、またそれが本当にあっているのか?
答え合わせができないのも子育てだと思います。

そのほか、育児・知育の悩みを挙げてみると

  • 睡眠不足、情緒不安、育児ストレス、家事の負担…毎日疲れきって育児を楽しむ余裕がない。
  • 赤ちゃんの発達に効果的なあそび方をしてあげたいけど、何をすればいいのかわからない。
  • 赤ちゃんの脳や知性に良い働きかけをして、頭のよい子や賢い子に育てたい。
  • 手や体の運動能力に良い取り組みをして、「できた!」経験から自信をつけさせたい。
  • 褒めて、伸ばして、赤ちゃんの積極性を高めてあげたい。
  • 赤ちゃんの才能を伸ばして、将来の可能性を広げてあげたい。
  • 母と子の絆を深めながら、ニコニコ笑顔が可愛い、情緒豊かな赤ちゃんに育ってほしい。
  • 幼児教育や知育、育脳に興味があるけれど、お金や労力をかけずに取り組みたい。
  • 赤ちゃんの成長はあっという間だから、今すぐにできることをしてあげたい。
  • ママ友の子どもより、元気で明るく発達が早い赤ちゃんにしてあげたい。

など、やりたいこととできることのギャップは多いと思います。

 
知育の悩み
 
そんな幼児教育に興味がある方のために
藤崎友香莉さんが発信しているのが《0歳赤ちゃんの発達遊び100》で
こんな方に特におすすめです。

  • 難しい出産で、我が子の発達や将来に不安がある方。
  • 仕事復帰を前にして、今のうちに我が子にできることをしてあげたいと考えている方。
  • ママ友の子供の発達を見て、焦っている方。
  • いずれお受験教室に通わせたいと考えているけれど、まだ早いので自宅で何かできる事を始めようと考えている方。
  • 天才児教育、右脳教育、幼児教育、幼児通信教育、育能、知育、賢い子、賢い脳、夢を叶える、才能を伸ばす、脳科学、未就学児教育、早期教育、情操教育、幼児教室、お受験、英語教育、英語教室、リトミック、体操教室、発達、発育などの言葉が気になっている方。

 

0歳赤ちゃんの発達遊び100って具体的にどんなもの?

「0歳赤ちゃんの発達あそび100」は、
知育・運動・情緒をバランスよく育てる方法として、
赤ちゃんとママが一緒に楽しめ、無理なく続けられて、効果があった方法を集めてみたものになります。

ただ楽しく遊ぶだけで、
赤ちゃんの発達を促す知育あそび・運動能力・情緒そだて・リトミック・英語教育まで、生後からすぐに始められる自宅幼児教育にもなります。

0歳赤ちゃんの発達遊び100

具体的には

  • 知育あそび(ぶらぶらおもちゃ、白黒赤カード、おもちゃ隠しあそび、など)22種類
  • 運動あそび(左右の視野ひろげ、キックキック、足押し前進、など)58種類
  • 情緒あそび(共感あそび、童謡・わらべ歌、手足ぱっくん、など)20種類

昔ながらの遊びもたくさん含まれていて、最近赤ちゃんが生まれた友達にプレゼントしました。

近くに、プレママがいれば紹介したり、プレゼントすると喜ばれると思います。