赤ちゃんがいる時の外食:外食どうする?外食好きな夫婦の子供の育て方

外食 赤ちゃん 外食

外食好きな夫婦の子供の育て方

私たち夫婦は外食が大好きです。

よって、子供ができても、そのスタンスを変えていませんでした。

3年ほど前の話。

面白い話

生後1ヶ月過ぎ、外出が可能になったあたりで、子供を連れて外食に行きました。

天丼を食べに・・・(直後、妻は乳腺炎になりました)。

赤ちゃんの周期としては、乳を飲んで、大体1時間半ほどまた眠ります。

その1時間半を利用して、外食なんてこと、多々ありました。

赤ちゃんのうちは、そんな形も取れるでしょう。

しかし、成長に伴い、行儀が悪い、食べ方が汚い、うるさい、泣くなど障害が増えるのは当たり前です。

外食好きだけど家での食事も:子供の育て方

そこで、我が家では、
とことん、家での食事に気を遣いました。

食事は楽しい

食事は楽しい物だ!

ということを植え付けました。

食べることの楽しさと言えばいいのでしょうか?

みんな揃って、

  • いただきます。
  • ごちそうさまでした。
  • おいしいね!

おいしいね!の連発。

偶然とは言え、食の太い子だったので、食事の楽しさを植え付けることができました。

食べる楽しさ

昔から良く食べます。(よく食べるので、便秘とは無縁です。)

外食好きな夫婦なので・・・

食べることが楽しくなると、どこに行っても行儀よく食事をしてくれます。

行儀が悪いとおいしいものが食べられない。

言うことを利いておこうということだろうか?

1人前2万も3万もする高級店は、私ですれ踏み入れることのできない場所なので行けませんが、普通のお店であれば、平気で連れて行きます。

普段はヤンチャでうるさいくらいですが、
うちの子は食事のときは騒ぐこともなく、おいしそうに食べるので、お店の人にもびっくりされることもあります。

ただ、長時間になるときは、携帯でyoutubeでも見せておけば静かなので、それも使っています。

娘とデート

今では、
妻が会社の飲み会なので2人の時は、娘と二人でデートは当たり前になってきました。

とはいえ、
経済的に、毎日行ける訳でもありません。
定番は、サイゼリアですかね。

次のページで子供がいても安心、サイゼリア(子連れOK)を紹介します。

コメント