【こどもちゃれんじ 退会】完全に【こどもちゃれんじ】をやめようと思った理由

【こどもちゃれんじを退会することにした】

年中さんの娘は、今、公文とこどもちゃれんじを行っている。

その前に公文の話。

公文は、毎日宿題もあるし、どんどん進んでいく。

年中さんでも掛け算くらいに平気で進んでいく。

個人的には、どんなに公文で勉強が進んだとしても、その学年ごとで習っておいたほうがいいこともある。

よく若いうちにそれなりできたり、10代でもてはやされた人は、大成功しにくいということを聞く。

若いのにすごい~ねっと言われて育つ人は、そのうち同級生と絡まなくなり、年上の人と絡むようになる。

そして、自分の中でハードルをあげていくことにより、それがあせりになる。

最後は、そのプレッシャーにつぶされてしまうのである。 もちろんすべてではないが・・。

それと一致するわけではないが、
考えられた教材を、年次に合わせて取り組むというのは悪いことではないし、
勉強に向かう姿勢を身につけされば、別に飛び級を狙うように難しい勉強をさせる必要もないと思う。

その意味で、【こどもちゃれんじ】は、別に否定しない。

ただ、妻にも
「もういいんじゃない」
っと言われたし、別に【こどもちゃれんじ】に頼ってもいないのでとりあえず、解約する形にした。

そこで
ベネッセに電話。
解約の番号2を押すと
「混み合っているので、時間を置いておかけください」
っと言う形でキラれた。

「そのままお待ちください。」
ではない

また、かけ直せ!だと・・・・。

その瞬間、ベネッセのいやらしさを感じた。
と同時に、顧客流出もこの誠実さがないことが原因、もしくは、もっと深読みをする自分がいた。

子供を食い物にしているビジネスだけに、それだけでしたたかではあるが、少なくとも、追って電話するから番号を入力しろとか、少々お待ちくださいなどの対応がうれしい。

もちろん、後日、もう1度連絡したら、やっぱり、時間を置いて・・・・・だった・・・・。

たぶん、解約したい人が、解約期限に解約できず、延長せざるを得ない親御さんも少なくないと感じずにはいられなかった。

顧客流出もあり、解約させないための戦略かもしれない・・・。

ベネッセとの付き合いは考えたいと思った。

▲ページトップに戻る