小児歯科医院で虫歯治療、2歳女児が2日後に死亡の事件

小児歯科医院で虫歯治療、2歳女児が2日後に死亡の事件

福岡県内の小児歯科医院で虫歯を治療した2歳の女の子が低酸素脳症に陥り、2日後に死亡していた。

死亡したのは当時2歳だった山口叶愛ちゃん。
叶愛ちゃんは去年7月、福岡県内の小児歯科医院で局所麻酔を使用した虫歯の治療を受けた後、唇が紫色になり、目の焦点が合わない状態になりました。

異変に気づいた両親は医者に聞くと、
男性院長は「よくあることだ」と説明して、何の医療措置もとらず、およそ45分後に両親が自力で叶愛ちゃんを近くの病院に運んだとのこと。
叶愛ちゃんはその後、大学病院に救急搬送されましたが、低酸素脳症に陥り、2日後に亡くなったという。

この事件、
非常に残念です。

低酸素脳症でなくなったということで、麻酔との因果関係、治療時の歯の部分だけを露出させるゴム製カバーなどアレルギーによるものなのかなどは分かっていないですが、歯科医の業務上過失致死の疑いはもっともでしょう。

この歯科医、
異変があった段階で、どこまで子供を診断したのか?
出ている情報ではしていない。
さらに、診断できないようであれば、診断できる病院する紹介していないし連絡していない。

医療のプロとして予見可能性を見いだせなかったのか?

 

子供の麻酔の場合、事前に同意書を書かされる。
うちの娘の3歳の時、中耳炎がひどく、鼓膜にチューブを入れ通りを良くする手術をしたときに全身麻酔をした。

勿論、万が一の不慮の事故もありうるということから、同意書に署名するわけだが、
とはいっても、処置をしないという同意書はない。
何かあったときにも、それに対しての対応・対処・処理を行うが、万が一のことがあるのでそれに対しての同意である。

今回の場合、
この歯科医師は、何もせず、何も動かず、
「よくあること」
と言い切っているだけに、すくなくとも、医師としての行動を怠っているといえるのではないか?

 

この辺の動きは、今後の操作で分かってくると思うので、この辺にしておきたいと思う。

 

この事件において、もう1つ気になることがある。

それは、テレビ局の取り扱い方と両親。
両親の怒りはわかる。
ただ、それにテレビ局が乗っかかってインタビューはどうだろうか?

一方的な主張にインタビューで寄せ、さらにテレビ局のデフォルメ編集で放送に載せてしまうのはあまり好きではない。
両親の憤りは、テレビを通さなくてもわかる。

 

▲ページトップに戻る