小学校までに公文で済ませること

小学校までに公文で済ませること

年長の娘は、とりあえず初期の目標のとおり、公文では小学生3年生の問題を解き始めた。

足し算、引き算、2桁、3桁とこなし、漢字もかなり多くの読み書きを行っている。

文章を読む速度もかなり早くなり、成長を感じる。

公文に行けば、ココまでこれるというわけではないと感じているが、小さいころから、たくさんの会話をし、たくさんの挑戦をさせたことが実を結んでいるのだと思う。(過去のブログで感じてもらえればと思う)

お金をかける必要はない。
たくさん考えさせる習慣をつけることが大切であり、もっといろいろなことを知りたいと思わせるのがポイントなんだと思う。

まだまだ、子供は成長するし、本格的な勉強もこれからなるので、今後の子育て法も考えなくてはいけないが、個人的には、自分で考え自分で行動させる習慣を中学からはさせたいので、それまで、何もしなくても勝手に勉強するルーティンワークを身につけさせたいと考えている。

勉強ができるできないではなく、勉強に向かう姿勢がポジティヴであればいいと思っている。

苦手な強化に、挑戦するという姿勢で取り組む。
これから7年間、いろいろなことがあるだろうが、ただ年をとるのではなく、成長しながら年をとることができると思う。

▲ページトップに戻る