小学生の化粧がデメリットばかり?早い時期からの化粧とスキンケアのメリットとデメリット

スポンサーリンク
小中学生の化粧 小学校

最近は、小学生も出かけるときには化粧をする女の子が増えています。

お母さんのメイクセットを借りる子もいれば、大人顔負けの高額化粧品を使っている子もいるのです。

しかし、まだ発育途中の肌に化粧をするとデメリットがあるのではないか、肌に過剰な負担をかけているのではないかと心配になります。

今回は、小学生が化粧をするメリットとデメリット、スキンケアについてお話しします。

スポンサーリンク



小学生が化粧をするメリットとデメリット

最近は、安価な化粧品が手軽にドラッグストアで帰るため、小学生でも小遣いの範囲で化粧を楽しむ子が増えています。

しかし、小学生は大人とは違い、化粧品に耐えられるだけの強さが肌にはありません。

特別な日だけでなく、化粧することが毎日の習慣になってしまっている場合は肌へ負担がかかっている可能性が高いでしょう。

小学生になると、ニキビに悩むこともあります。

ただでさえ皮脂の分泌が激しくなるのに、油分を含む化粧品を肌に重ねることは大きなデメリットといえるでしょう。

小学生が化粧をするデメリットは、肌への負担だけではありません。

化粧品を買うためにはお金が必要です。

化粧にのめり込めばのめり込むほど出費が増え、金銭トラブルに発展することもあります。

しかし、小学生が化粧をするメリットもあるのです。

小学生が化粧をするメリットとデメリット

それは、自分に自信を持つきっかけになることです。

大人が化粧をする目的は、難を隠すためであったり、身だしなみの一環であったりすることが多いでしょう。

しかし、小学生が化粧をする目的は「自分の表現手段」であったり、自分に自信を持つための手段であることが多いのです。

自己が芽生え、自分らしさを表現したいと思っても、たくさんの方法を知らない小学生は化粧をすることで自分を外部に主張しているとも考えられます。

また、化粧をすることでいつもの自分よりも少しだけ自信が持てるようになる子もいるのです。

大人からみれば「化粧なんて色気づいて」と反対したくなりますが。子どもには子どもの目的があることを理解してあげてもいいのかもしれません。

小学生が化粧に興味を持ったとき

スポンサーリンク

小学生が化粧に興味を持ったときの対処方法

小学生が化粧に興味を持ったら、正しい知識を教えてあげるといいでしょう。

小学生は、ファンデーションやアイメイクに興味は持ちますが、クレンジングには興味を持たないかもしれません。

しかし、化粧とクレンジングは必ずセットで考える必要があります。

また、いくら若いぴちぴちの肌でも化粧をしてクレンジングをすれば乾燥が気になります。

化粧に興味を持ち始めたら、スキンケア用品を買ってあげてもいいでしょう。

小学生の肌は皮脂の分泌が盛んです。

お母さんが使っているスキンケア用品をそのまま与えてしまうと、油分が多すぎてニキビの原因になってしまいます。

子どもにスキンケア用品を与えるときには、大人が使うものよりも油分が少なく、さっぱりと使えるものを選ぶようにしましょう。

子どものスキンケア

子どものスキンケアはどこまで必要?

スキンケアは子どものころからやったほうがいいでしょう。

スキンケアというと化粧水や乳液を使ったケアを連想しますが、毎日の紫外線対策も立派なスキンケアです。

さらに、スキンケアをしっかりと行っている子どもは、自分の身だしなみに気をつけるようになります。

きれいな歯や清潔な髪など、スキンケアをきっかけとして衛生面に配慮できる習慣が身につくのです。

子どものスキンケアは、肌をいたわるところまでが必要なスキンケアをいえるでしょう。

カサカサ肌の子どもならば、化粧水と乳液が必要であり、皮脂分泌が盛んな子どもには洗顔料を使った正しい洗顔知識が必要です。

一方、ファンデーションを使うケアはやり過ぎの範囲になります。

多かれ少なかれ化粧は肌に負担をかけるものです。

やはり化粧は年相応の範囲にとどめておくほうがいいでしょう。

≪まとめ≫
女の子は、小さなころから化粧に興味を持つものです。

「子どもだから安い化粧品や化粧水でいい」と考えるのではなく、ずっと先の肌のことを考えて、最初からその子に合ったスキンケア用品を与えてあげたいものです。”