小学2年生と政治

小学2年生の娘は、政治のことはなにもわからないが、わからないなりの理論を持っている。

基本的に、わがままに平和を祈るスタイル。

2年生なりに政党など関係なく想いがあるのは悪くないと思っています。

そんな昨今、
彼女も、舛添さんのことはわかっているので、嘘はいけない、はっきりさせることははっきりさせる。

ということは言えるようになった。

舛添さんの辞任で、都知事は誰になるか?
ということなだが、彼女の持論はまた、面白い。

今日ニュースを見ていて
蓮舫さんが都知事選に不出馬を断言というのを聞いて、

蓮舫さんって人は、女だし頑張ってもらいたかったけど、選挙に出ないんだぁ~。

っと。

でも、
このあとやっぱ出る!って言うかもよ!
っというと。

今、都民が求めている人は、

出ない!と言っていてからの出る!はダメでしょ。

嘘つきはダメでしょ。

だって・・・・。

偉そうに・・・。

政治ってそうゆうものではないけど、今求められているのは政治のテクニックではないかもしれないね。

一番最初に都をどうにかしたい!って言ってくれる人がいいかも。

マック赤坂とドクター中松でも・・・。
最後はご愛敬で。

▲ページトップに戻る