弱視・視力回復:子供の目を治す方法

弱視・視力回復:子供の目を治す方法

大人であれば目が悪くても、眼鏡を掛けたり、コンタクトにしたりとそれほど抵抗はないかと思います。

しかし、幼稚園や保育園で眼鏡となると、親はいろいろな心配をします。

私の弟も、保育園の段階で弱視で眼鏡をかけるようになり、片目だけで見る習慣だったようで、アイパッチ(たしか)と言われる目のバンソウコウみたいなものを片目につけての生活を強いられていました。
その時代から30年ほどが経ち、医学の進歩、科学の進歩で弱視も回復するようになってきたようです。
(0~7歳くらいまでに発見できれば弱視は改善しやすいと言われています。)

私の娘もテレビを見るのが好きです。
机に向かって最近、お勉強をするので、頭を下げて字を書くときもあります。

見つけたときには、注意をしますが、見えないところで何が起きているか?
三歳児視力検診では、問題ありませんでしたが、正直自信はありません。

そして、もし、娘が弱視を指摘されたら、こう思うでしょう。
 目が悪くなったのは私の責任だろう・・・・。
 もっと早く気づいていれば・・・・
 これ以上は悪くならないように・・・・。
など。

親であれば、みんな同じでしょう。

そこで、心配する親の救世主をみつけました。
視力回復 遊びながらのトレーニングで回復した視力を安定させる方法というものです。

ゲームで遊びながら、目のトレーニングをするというものです。

もちろん、根本的な目の悪くなるような環境を見直すということは大事です。

その上でゲーム感覚のトレーニングなので続けられるし、早いうちの対処としては必要ということでしょう。