漢字はじまりました

公文に行っている娘。
来年年長になるわけですが、掛け算は言えるようなったのと同時に、漢字をやり始めました。

過去にも書いたかもしれませんが、
掛け算は、公文で足し算をやり始め、なんとなくわかり始めたころから、まずは、お経のように”九九”をお風呂の中で言い始めました。
字は平仮名・カタカナとも読めるので、まずは、九九のシートを見ながら・・・。

足し算が分かっているので、暗記しながらも、2個ずつ増えるとか、徐々に足し算と掛け算が一致する形で、九九をクリアしました。

そして、公文で漢字を始めました。
漢字に関しては、どれだけ見るか?どれだけ書くか?にかかってくるので、頑張りなさい!のスタンス。

ただ、絵日記は1年以上書き続けているので、その日記に漢字を入れるように心がけさせています。

無理やり漢字を入れるので、
今日は、サイゼリアでミラノふうドリアをたべました。おとうさんは男です。 
的な、強引に男を入れたりだったりしますが、それはそれで頼もしいですね。

今度、公文の話したいと思います。
公文の有効な活用法を。

次のページで掛け算の練習(年中さん)を紹介します。

▲ページトップに戻る