男の赤ちゃん・女の赤ちゃんを産み分けることができるらしい!男の子・女の子が欲しい!

産み分けについて考える

最近、知ったことだが、産み分けが実現できるとのこと。

赤ちゃんが欲しいと思った時、
男の子が欲しい!
女の子が欲しい!
と考えるもの。

産み分け

一姫二太郎を考えるのであれば
そもそもの意味が、子を持つならば、一番目は女の子で、二番目は男が良いということなので
最初に女の子を授かりたいということになりますが、これが実現できるということです。

また、子沢山のところは、
次は男の子が欲しい、次は女の子が欲しい。
2人連続で男だから3人目は男の子は欲しいとか
その逆に、女兄弟なので、男の子が欲しいとか・・・。

後継ぎ問題が絡むと
是が非でも、男の子(長男)が欲しいとか・・・。

そんなことも、
医科学的に解決出来る世の中になってきたようだ。

男の子(長男)が欲しい

男の子が欲しい・女の子が欲しい場合

簡単に説明をすると
男の子が欲しい場合は

  • 排卵日にセックスをする
  • 精子の量をマックスにセックスをする
  • 女性が気持ちよい・濃厚なセックスをする
  • グリーンゼリーを使う

女の子が欲しい場合は

  • 排卵日の2日前にセックスをする
  • 精子を薄めておく
  • あっさりとしたセックスをする
  • ピンクゼリーを使う

が基本です。

この中で、一番重要なのが、産み分けゼリーとも言われるグリーンゼリーとピンクゼリーです。

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)
産み分けゼリー詳細はこちら

産み分けゼリーとは

そもそも産み分けには、膣内がアルカリ性か酸性かが大きく関わっています。

男児を授かる場合には、膣内をアルカリ性
女児を授かる場合には、膣内を酸性

という観点から、

グリーンゼリーは、膣内をアルカリ性に傾けます。
ピンクゼリーは、膣内を酸性に傾けます。

使用方法は、
セックス前に、ゼリーを注射器で吸い上げて膣の中に注入します。

産み分けゼリー詳細はこちら

膣内をアルカリ性にすることで男児を授かるワケ

グリーンゼリーを使うことで、膣内をアルカリ性に傾けることを説明しました。

膣内がアルカリ性になることで男児を授かるワケをもう少し細かく紹介しましょう。

精子には、X精子とY精子があり、男の子が欲しい場合はY精子の働きを活発にする必要があります。

そのY精子は、アルカリ性の環境において活発に動き回る性質を持っています。

また、気持ちよいセックスについても
女性がオーガズムを感じると、アルカリ性の子宮頚管粘液が分泌されて膣の酸性が中和されます。
よって、女性がオルガスムスを感じやすい気持ちよいセックスをすることも大切なのです。

とはいえ、基本的には、
グリーンゼリーを使い、膣内をアルカリ性に促すことで男児を授かりやすい体質になるので、最低限グリーンゼリーはしましょう。

グリーンゼリー詳細はこちら

膣内を酸性にすることで女児を授かるワケ

上記の膣内をアルカリ性にすることで男児を授かるのと逆で、膣内を酸性にすることで女児を授かるワケを説明しましょう。

女の子が欲しい場合は、X精子の働きを活発にする必要があります。
X精子は、酸性の環境に強く、動きが活発になります。

また、女性がオルガスムスを感じない淡白なセックスをすることで、酸性の環境を保ち、X精子の活動しやすい環境にすることも大事になります。

こちらに関しても、
ピンクゼリーを使い、膣内を酸性に促すことで女児を授かりやすい体質になるので、最低限ピンクゼリーはしましょう。

ピンクゼリー詳細はこちら