祝:卒園

娘の卒園式がありました。

娘の成長を考えると、もう小学校かぁ~っとしみじみ、考えるものがありました。

我が家は別にお受験をするわけでもなく、普通に公立の小学校に行きます。
お受験したファミリーもいましたが、別に人と比べる必要もなく、でも、いろいろなことを聞きました。

早い段階から、私立に入れて環境を固めるというのもいい選択だと思います。
もちろん、入れれば安心というわけではありませんが、少なからず、学校という環境が子供を育ててくれるのは間違いありません。

親がどこまで子供のことを考え行動するかは、その家族によって違うと思います。
有名な塾に入れれば安心という人もいるでしょう。
勉強だけじゃないと考える人もいるでしょう。

我が家は、以前にも書いていますが、1日1時間机に向かう習慣ができれば、親の役目は終わりかな?っと考えています。
その意味では、公文を続けたことで、その習慣はでき、登園前に宿題を済ますライフスタイルを作れたので、小学校という新しい環境で多少、スタイルは崩れたとしても苦なく、勉強に打ち込めるのではないかと思っています。

小学校も高学年になれば、子供もそれなりに自立してきます。
そのときには、何も言われなくてもやるべきことは行う。
そして、やりたいことにも打ち込む、そんな感じで育ってくれれば・・・。

私自身が、子育てにおいて楽をしたい、苦労をしたくないというベースがあるので、このあと、方向転換はあるかもしれませんが、少なからず、娘の成長を実感しながら、次のステップを応援する、そんな卒園式を終えての感想です。