2歳時の箸の持ち方指導

以前、スプーンに関しての持論を書きました。

次はということになります。
2歳を過ぎると、箸で食べたがります。

もちろん、しっかり持つこともできませんし、そのうち遊びだします。
これは、自然なことだと思いますし、親としてはイライラしてりもしてきます。

しかし、できないことはわかっていても、チャレンジさせることは大切です。

そこで、オススメなのは、皆さんも知っているでしょう。
エジソンの箸です。

持ち方を矯正するので、料理が取れる確率が格段にアップします。
取れるようになれば、自然に口に運び、食べられるわけですから、子供も楽しく食事ができるようになります。

1ヶ月もたてば、それなりに形になってきます。

しかし、これには落とし穴が・・・。
エジソンの箸は、矯正するものではありません。

あくまでも、その場では、形になりますが、箸だけになると持ち方も獲り方も変わります。

ここからが、本当の親の出番です。
持ち方を100%矯正するのは、まだ難しいと思いますし、食事が嫌いになることの方が怖いので、それなりの形でいいと思います。

最初にエジソンの箸で食事、最後の1,2つを普通の箸に持ち替えて練習をしていきます。

それほどストレスになりませんし、褒めてあげることでやる気も芽生えます。

これを繰り返しちょっとすれば、エジソンの箸はおさらば・・・・となるのです。

お箸は、基本的にこれから、死ぬまで使い続けることなので、早いうちに形にしておきたいですね。
3歳を越えたくらいで、うちの娘は、橋の持ち方もしっかりしてきました。

▲ページトップに戻る