赤ちゃん・子供のヘアカタログ

赤ちゃんが生まれ、身体成長、心の成長などの赤ちゃんの成長実感しながら、楽しくて辛い育児をしていくわけですが、ある時期になれば、髪の毛の手入れというときが来ます。

そろそろ、どうにかしたほうがいいかな?
っと思った時に、

妻が持ってきたのが
赤ちゃんの髪の毛で筆を作るというものです。

結果的に、なんとなく乗り気ではなかったので却下しましたが、今思うと、赤ちゃんの時の形に残る記念の物って、意外とないことに気づきました。
今、家に飾ってあるものと言えば、へその緒と3歳の時の七五三の写真くらいでしょうか?

1万円という金額で筆を作る、それも観賞用の・・・。
判断は難しいですが、おじいちゃん、おばあちゃんの援助ってのも手からもしれませんね。

話がずれました。
散髪の話です。

まだ、小さい赤ちゃんなので、髪の毛の切る量は、前髪くらいです。
とはいえ、慣れないことですので、切りすぎたり、段ができたり・・・・・。

また、2歳、3歳になれば、前髪だけではすみません。
髪の毛の多い子はスイたりもしなくてはなりません。

雑誌を見れば、いろいろなヘアスタイルを見るけど、そんな髪型に挑戦するのは無謀!
子供用の美容院に行けば、2000円位平気でします。

そこで、おすすめなのが、
誰にでもわかる子供のヘアカット・ヘアケアの本/赤ちゃんのヘアカタログです。

お子様のホームヘアカット方法が載っています。

さらに、お子様のヘアケアのテクニックまで掲載されています。

外でお金を払って、散髪もいいですが、小さいうちは、言うこと聞かなかったり、泣いたり、逆にお店の人に迷惑かけちゃったり、さらにこんなことでお金かけたくないですよね?

小さいうちは、ホームヘアカットでいいと思います。